• 引寺 三喜夫

相続診断士は、顧客を専門家へ橋渡しをし、相続を円滑に進め相続の道先案内人としての社会的な役割を担います。

相続は100人いれば100通りの事情があり、「成年後見制度」「家族信託」「遺言」「生前贈与」「遺産分割対策」「相続税」など、相続に関わる問題は多岐に渡ります。  これら相続関連の問題は、弁護士、税理士、司法書士、行政書士、土地家屋調査士等の専門家に相談し適切なアドバイスや助言をもらうことが必要不可欠なことになるのですが、実際には相続が発生した場合、「誰に相談したらよいのか」、「どのようなことが問題となるのか」といった専門家への相談までたどり着けないケースが非常に多くあります。   「相続」が「争族」にならない為に、笑顔で相続を迎えるお手伝いをするのが「相続診断士」の求められる社会的役割です。